試合レポート

第20回竹杯・5日目(VS いけっち戦)の試合レポート

投稿日:2012年4月10日(火) | カテゴリー:試合レポート

2012年4月8日(日)の第20回竹杯・5日目(VS いけっち戦)の試合レポートを#31がお伝えします 😛

【参加メンバー】

#0 #3 #6 #10 #11 #15 #19 #20 #22 #26 #31 #55 #UG + M子さん

【個人成績】

  • #0 = 4点
  • #3 = 10点
  • #6 = 8点
  • #10 = 2点
  • #11 = 4点
  • #15 = 8点
  • #19 = 2点
  • #20 = 4点
  • #22 = 3点
  • #26 = 4点
  • #31 = 0点
  • #55 = 0点

【試合結果】

前半 後半
1Q 2Q 3Q 4Q
15 – 24 8 – 16 11 – 20 15 – 18
23 – 40 26 – 38

抜群の統率力で空球を引っ張ってきたエースガード・CAP不在での初戦。

さらに、今日から待ちに待った新ユニフォームで挑む記念すべき一発目!

先日より取り組んでいたセットオフェンスを実践で試す目的もあり、何かと課題の多い試合だったのでメンバーの集まりも上々で、いい雰囲気で試合開始を迎える。

スターティングメンバーは、#3 #15 #10 #11 #26、第1Qからややタイトな相手ディフェンスに加え、セットオフェンスへの意識が行き過ぎ、全体的に足が止まってボールが回せない状況が続く。

ファンブル → ターンオーバー → 速攻といったケースが目立った。

参加メンバーも多かったので、全員まんべんなく出場出来るようにCAPが采配し、それぞれが動きの確認もしながら実戦経験を積む事はできた思う。

ただ、練習不足が顕著に出ており、どうしても体が先に行かずワンテンポ遅れ気味になっていたので、スムーズな動きが自然に出来るよう練習を重ねて行く必要があると思う。

結果を見て一目瞭然だが、相手チームとのシュート力の差は歴然としているので、練習の前後でのシューティング等は個々欠かさず課題として捉えておきたい。

上位で勝てるチームになる為に、個人能力だけでなくチーム全体としての連携で得点につなげる事がいかに大切かを知るいいきっかけになったと思う。

オフェンス面・ディフェンス面共に、個人としてもチームとしても、それぞれ課題の残る試合だったので、加西大会までの期間で少しでも改善していければと思う。

最後に、スコア書いてくれた#UG、ビデオ撮影してくれたM子さん、ありがとう!感謝です 😆

ページの先頭に戻る