試合レポート

第11回加西市民バスケットボール大会・決勝(VS TRUSSARDI戦)の試合レポート

投稿日:2012年4月26日(木) | カテゴリー:試合レポート

2012年4月22日(日)13:00~行われた第11回加西市民バスケットボール大会・決勝(VS TRUSSARDI戦)の試合レポートを#31がお伝えします 😛

【参加メンバー】

#0 #3 #6 #8 #11 #15 #22 #25 #26 #31 #55 #UG #MJ #RN + M子さん

【個人成績】

  • #0 = 3点
  • #3 = 2点
  • #6 = 8点
  • #8 = 5点
  • #11 = 4点
  • #15 = 15点
  • #22 = 8点
  • #25 = 2点
  • #26 = 7点
  • #31 = 6点
  • #55 = 2点

【試合結果】

前半 後半 延長
1Q 2Q 3Q 4Q
2 – 24 20 – 13 15 – 18 25 – 27
22 – 37 40 – 45

気合いを入れて挑んだ決勝だが、1Qで攻守ともに相手に翻弄され、22点差と大きくリードされる。

前評判通り、G・F・Cどのポジションも層が厚いTRUSSARDIは、#69を起点にした展開の早いオフェンスで空球ディフェンスをいとも簡単に突破していく。

出鼻をくじかれた空球は、全く歯が立たないまま1Qの10分間を失ってしまうが、このままでは引き下がれない、2Q開始早々より#0の気迫のディフェンスでチームが勢いづき、それに続くかのごとく全員の足が動き始め、点差を徐々に詰める。

3Qも必死で食らいつき点差を少しずつ詰めてはいくものの、そこは王者TRUSSARDI、試合の局面では着実にダメージを与えられ、終止リードを許さないシーソーゲームの展開へ。

4Qでは空球・TRUSSARDI共に最後の猛攻へ。25 – 27のハイテンポなバスケットで気迫のプレイを見せる。

残念ながら、1Qに背負ってしまった点差が響き敗れはしたものの、空球としての実力を知る事が出来た良いゲームだった。

チームの弱点をいかに克服すれば良いのか、また、チームが全力で挑んだ時の攻守共にどれぐらいの爆発力があるのかを確認出来たと思う。

今後の試合でも、序盤から十分にそれを発揮出来る様に、メンバー個人個人が意識を変えて行く必要があるだろう。

【大会結果】

  1. 〈優勝〉TRUSSARDI ※2年ぶり2回目の優勝。
  2. 〈準優勝〉空球ブービーズ
  3. 〈第3位〉Leska

大会結果に関する資料をPDF形式でダウンロードする

ページの先頭に戻る