試合レポート

第2回空球カップ紅白戦の試合レポート

投稿日:2012年11月8日(木) | カテゴリー:試合レポート

ずいぶん更新が遅くなって申し訳ないです…(^^;)

2012年10月28日(日)に行われた第2回空球カップ紅白戦の試合レポートを#31がお伝えします 😛

空球選手総勢22名+TO&審判5名の計27名で盛り上がりました。

第2回空球カップ紅白戦・集合写真

【特別ルール】

  • 10分6Qで3Q毎の全後半とする。
  • 出場者は全員3得点以上を勝利条件とする。

【参加メンバー】

紅チーム(濃色) 白チーム(淡色)
#0 長井 武司(G / F)★ ◆ #3 田中 裕之(G / F)◆
#2 吉川 一輝(SF)◆ #5 田中 雅俊(PG)★
#7 木村 哲哉(F)◆ #6 深水 剛(SG)◆
#9 小椋 史昭(PF) #8 今竹 俊介(G)
#11 吉見 洋志(C) #10 小柴 全進(PF)
#15 大橋 慎磨(SF)◆ #18 柴田 幸紀(C / PF)◆
#17 井上 大輔(G / F) #20 増田 真吾(F)
#19 川本 晃功(F) #22 久保 隆志(C)
#24 小深田 尚也(PG / SG) #26 松岡 正樹(SF)◆
#27 織田 亮(C)◆ #31 座本 大輔(C / PF)◆
#55 羽田 治(F)
#SP 澤谷 政樹(SG)

※ ★印はチームキャプテン、◆印はスターティングメンバーです。

選手以外に、TOにマネージャーの#UG・#MJ・#RN、審判にN君・T君が参加してくれました!ありがとうございます!

【個人成績】

  • #0 = 6点
  • #2 = 12点
  • #3 = 6点
  • #5 = 未出場
  • #6 = 3点
  • #7 = 15点
  • #8 = 6点
  • #9 = 未出場
  • #10 = 6点
  • #11 = 8点
  • #15 = 16点
  • #17 = 6点
  • #18 = 25点
  • #19 = 8点
  • #20 = 5点
  • #22 = 4点
  • #24 = 15点
  • #26 = 15点
  • #27 = 10点
  • #31 = 22点
  • #55 = 4点
  • #SP = 4点

【試合結果】

前半 後半
1Q 2Q 3Q 4Q 5Q 6Q
7 – 18 12 – 14 20 – 8 22 – 15 19 – 15 16 – 30
39 – 40 57 – 60

走るバスケットを主体に、G・Fに層を固めた代表#0率いる紅チーム。

インサイドを主体に運動量と高さをバランスよく配置した、今期キャプテン#5率いる白チーム。

どちらも、気合い十分&モチベーション最高潮のノリでゲームスタートしました。

第1Q、エンジン全開でスタートダッシュを決めたのは白チーム。#26・#3の速攻に#18・#22のリバウンドが絡み点差を大きく広げていく。しかしながら、黙ってなかったのが紅チーム#7、オフェンス・ディフェンスともに好プレーを見せ、チームを牽引する。

第2Qに入って、紅チームは#24をGに据え、#11・#19とCに配置し、動きのあるバスケットを展開。対する白チームは、#18・#31とインサイドのパワー&高さを活かし、コンスタントに点差を広げることに成功する。

試合の流れが大きく変わったのが第3Q、紅白戦の特別ルール「故障者以外は全員出場・3得点以上獲得」が大きく響く。両チームともメンバーチェンジを行いながら条件クリアを目指すが、リズムが狂い、焦りが見え始める白チーム。気がつけば、前半終了で1点差まで詰め寄られる上に、#6・#8・#10・#SPと4名が条件未達成で折り返し地点を迎えた。

後半に入ったものの流れは引き戻せず、紅チームがゲームの主導権を握る。白チーム指揮官の#5も条件クリアとバランスを考えたメンバーチェンジを繰り返すが点差を広げられていく。

第4Qでようやく本来のリズムを取り戻した#10が条件クリア、続いて#SPも達成し、少し落ち着きを見せる白チーム。しかし、思いのほか今日当たりを見せていない#6と、得点に絡む為にFにコンバートした#8に紅チームのディフェンスが強烈なプレッシャーを与える。

その間も紅チームは、#24と#0を司令塔に、#2・#11・#15・19が速攻を、#27がリバウンドと全体で機能する。白チームはなんとか食らいつこうとする中、抜群の仕事をしたのが白チーム#18。乱れたリズムを冷静に取り戻すべく、リバウンド&ゴール下でオフェンスの要となり貢献する。

10点ビハインドで迎えた最終の第6Q、3点縛り未達成のラストプレイヤー#8にまずは得点チャンスをと、全員でスクリーンをかける。作戦が見事に的中し、無事#8のシュートがリングに滑り込み、白チームに歓喜がよみがえった。

あとは点差のみ、攻守共に集中力を増し、#26の速攻、#18・#31のインサイドと全力で挑む。負けじと紅チーム#7がフィジカルの効いたプレイで対抗し、食らいつくが、終盤に差し掛かった所でオフェンスチャージングにより退場。白チームが一気に逆転ムードに突入した。

1点を争うシーソーゲームとなったが、最後は追い上げの勢いに乗った白チームに軍配があがった。

空球プレイヤー総勢22名によって熱い展開となった第2回空球カップ紅白戦、普段練習に来れないメンバーも集まる事が出来て非常に良いゲームでした。2012年シーズンも残り僅かだが、このモチベーションで残りの大会を勝利につなげていければと思います。

【その他受賞記録】

  • MVP = #31
  • フリースロー大会・1位 = #15
  • フリースロー大会・2位 = #2
  • フリースロー大会・3位 = #55
  • フリースロー大会・4位 = #9
  • フリースロー大会・5位 = #18

ページの先頭に戻る